fc2ブログ

『傾聴』研修会を終えて

先日、地域ボランティアセンター研修会が開かれました。
今回のテーマは「傾聴」
参加できなかった皆さんにも少し、傾聴の極意をお伝えしますね。
まずは・・・カール・ロジャースの3原則をご紹介します。

カール・ロジャースは、心理カウンセラーが備えるべき3つの原則をあげています。
これらをロジャースの3原則と呼んだりもします。

1.無条件の肯定的配慮
2.共感的理解
3.自己一致

この3つそれぞれについて、もう少しポイントをみていきましょう。

無条件の肯定的配慮
無条件の積極的関心、無条件の肯定的尊重、無条件の積極的受容となっている文献もあります。意味はほぼ同じです。
無条件の肯定的配慮とは、クライエントのここが良いけどここが悪い、という条件付きの受容ではなく、クライエントの個人の人格やすべての部分を尊重し、無条件に受け入れていく、理解していく姿勢になります。
無条件=Non-Judgementといわれます。ジャッジせずに、条件つきではなく、ということですね。
心理カウンセラーは、クライエントの感情表現・態度・価値観などを、ありのままに無条件に受容するのです。
これをひと言で言うなら「受け入れる」となります。
実際の臨床現場においては、来談者中心療法=クライエント中心療法のカウンセリングのアプローチでは、相談者は自分の話したい内容や感情・気持ちを自由に話すことが基本になります。
心理カウンセラーとしては、クライエント自身が話したいと思う話題を傾聴し、クライエントの素直な感情をあたたかく無条件に受け入れていくという姿勢が大切になります。
クライエントの個人的な価値観、ときには偏見だったりする場合もありますが、それらに対してもカウンセラーが反論や批判することなくクライエントを尊重し、理解していこうという姿勢で関わっていきます。
共感的理解
共感的理解とは、クライエントの立場になり、その心の世界をあたかも自分自身のことであるかのように感じ、それをフィードバックしていく姿勢です。
悩みや問題となる人間関係や状況の中で、クライエントがどんな感情を抱いているのかを共感的に理解していくことになります。
クライアントの感情は、不安・恐怖・怒り・悲しみといった強烈な感情の場合もあります。
それらをカウンセラーが、想像力と感受性を活かし共感的に理解していくことで、クライエントの苦悩や問題となっている感情の共有がうながされ、クライエントの苦しみや悲しみなどの苦痛を緩和させる効果があります。
共感的理解をひと言であらわすなら「寄り添う」ですね。
自己一致
自己一致とは、心理カウンセラー自身の気持ちに嘘がなく、純粋であることを意味します。
『自分がどのような人間なのかという自己概念(自己イメージ)』と『現状での経験(感情・思考・態度・行動)』が一致していて、自分の中での矛盾が存在しない状態になります。

みなさんからのアンケートには
 ・「傾聴」、本当に勉強になった。これからさらに深く学んでみたい。

など、一人の人間として時間がかかっても身につけていきたい技術ですね。
ゴールは限りなく遠いですが・・・・。


スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply

About this site
地域ボランティアセンター
About me
お互いさまの地域づくり、まちづくり♡ボランティアをつないで、活動を支援し、交流の場をつくります!!