fc2ブログ

大切な人を励ますシンプルな8つの言葉(コミュニケーション力)

★★★ つぶやき ★★★   No.2

ネットで皆さんに紹介したい記事を見つけました。
生活の質を豊かにしてくれるものかもしれませんね。

NPO法人 しごとのみらい より ・・・・・

どんな人でも、落ち込むことがありますよね。
大切な人が落ち込んでいたら、なんとか励ましてあげたいと思います。
なぜなら、ずっとそこにいて欲しくないから。前を向いて欲しいから。
もちろん、問題を解決するのは本人です。「あえて放っておく」「あえて関わらない」「あえて知らないふり」「あえて何も言わない」……見守ることも、優しさの一つではあります。
けれども、苦しいときほど励ましの言葉が、前をむくきっかけになるものです。
それは、誰かが言った名言ではありません。小洒落た「かっこいい言葉」でもありません。心に響くのは、信頼しているあなたからの「たった一言」なのです。
いたって普通の言葉ですが、大切な人を励ますシンプルな8つの言葉を紹介します。

1、どうしたの?大丈夫?
苦しいときは、「私を気にかけてくれている人がいる」と分かっただけで、気持ちが楽になります。
2、つらかったね。大変だったね
こっちの気持ちを汲み取ってくれたと思うだけで、うれしくなります。
3、今まで、がんばってきたんだね
「がんばる」には、「がんばってね(未来)」「がんばってるね(現在)」「がんばったね(過去)」「がんばってきたんだね(長い視点での過去)」の4つがあります。悩んでいる人は長い間、がんばってきました。「今まで、がんばってきたんだね」というねぎらいの言葉を、かけてあげたいと思うのです。
4、大丈夫だよ/心配ないさ
知人が仕事で悩んだとき、メンターに相談したら、いつも最後にこの一言を言われたそうです。「何の根拠もないのに、この一言が私を支えてくれました」と言っていました。
5、いつもそばにいるよ
本当に悩んでいるときは……孤独です。どんなに美しい言葉よりも、この一言で、救われるような気がします。
6、いつでも話聞くよ/いつでも話してね
苦しいとき、本音はなかなか言えないもの。だからこそ、本音が言える人が一人でもいるとうれしいですよね。
7、大切なことの相談相手に選んでくれてありがとう
もし、大切な人から相談されたら、ぜひ、この言葉をかけてあげてください。本当に困っている相談ほど、信頼できる人にしかできないものです。私自身、この言葉で何度救われたかわかりません。
8、明日はきっとよくなるよ
落ち込んでしまうのは、「これからもずーっと同じ状況が続くんじゃないか」と思ってしまうから。それならば、本当にそうなるかは分からないけれど、明日への架け橋となる言葉をかけてあげたいと思うのです。


いかがでしたか?
こころの平穏はこころの豊かさの象徴ですよね。
ポジティブ思考は元気をくれるし、何気ない一言に気持ちを救われたり・・・私たちの一言が誰かの生きる力になっているかもしれません。同じように時間を過ごすなら、悩まず、焦らず、ゆったり、ゆっくり、のほほ~~~んとこころの豊かさを求めてみませんか。

              By Pico
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply

About this site
地域ボランティアセンター
About me
お互いさまの地域づくり、まちづくり♡ボランティアをつないで、活動を支援し、交流の場をつくります!!